まさに初めての体験ですが、自分の経験も踏まえながらわざわざHPとして公開しています。

絶対押さえておきたい事項を一括して記載。安全性に関しての情報です。

専門的な基礎知識を懇切丁寧に紹介、著作権はフリーじゃないですよ。

安全性に関して

歯のホワイトニングについての安全性で一番心配なのは、ホワイトニング剤(漂白剤)を使用することで健康な歯に悪影響がでないかということではないでしょうか。歯のホワイトニングに使用する、ホワイトニング剤(漂白剤)は一体どのようなものを使用するのでしょうか。



ホワイトニングに使用する薬剤には、過酸化水素以外に増粘剤と触媒を使用しています。増粘剤を使用するのは、過酸化水素だけだと、液体のため歯の表面に一定時間留まってることなく流れてしまうのと、すぐに乾燥してしまうため十分な漂白効果を得ることができないからです。そのため増粘剤としてシリカやグリセリンなどの無機化合物を使用して、ホワイトニング剤が歯の表面で長時間作用するようにします。



ホワイトニングの安全性について言うと、これまでホワイトニングが先行しているアメリカで、数千万人が体験していますが、事故報告は1件もないことで安全性をわかっていただけるでしょうか。



歯のホワイトニングで使用されているホワイトニング剤は万が一飲み込んでも、唾液や消化物質と反応して分解するために毒性はありません。というのも、ホワイトニング剤に使用されている過酸化水素は、消毒剤として使用されている成分と同じで、35%以下の濃度ならば体内に入っても害はないからです。

日本でも各地の研究室でホワイトニング剤についての研究が行われ、ホワイトニング剤の安全性が保障されています。"

Copyright © ホワイトニングに関する知恵袋 All Rights Reserved.